リハビリの知識をつけていく

リハビリは痛みを我慢しながらするもの?

症状の回復に役立つリハビリ

皆さんは、リハビリをしたご経験はありますか?リハビリというのは、例えばむちうち症になってしまった時や、肩や背中、脚など、関節や筋肉を痛めてしまった時の治療法として紹介されています。特に運動選手など、日頃から運動をよくする人は、何かと、関節や筋肉を痛めてしまうリスクが高くなってしまいます。リハビリといいますと、何だかとても大変そうで難しそうに聞こえてしまうという方も多いでしょうが、リハビリというのは、きちんと専門のリハビリ療法士などがついていますし、事前にどのようなリハビリ計画を進めていくかという了承をとったり、打ち合わせの場を設けてくれますので、患者さんも安心できます。

 

リハビリは、運動をしていて体の節々を痛めてしまった方だけではなく、事故で大きな怪我をしてしまった時や、大きな障害を負ってしまった時などに、早くその外傷してしまった部分を回復させるべく、体を慣れさせていくものです。実際、リハビリによって、普段通りの生活がだんだんとできるようになるなど、とても助かったという方も多いです。また、何か深刻な病気などをして、手術を受けたあとなど、後遺症によって、一部の関節がうまく動かせなくなる時もあります。このような時にも、徐々にリハビリによって、体を慣らしていく事が重要だとされています。

 

リハビリは我慢してはいけない

リハビリの効果はとても期待できるものですが、まだ症状が落ち着かないうちは、毎回のリハビリがストレスのようになってしまう事もあるようです。特にお年寄りの方は、足腰も弱っている方も多く、リハビリが余計にきつく感じられてしまうという事も多いようです。このような事がありますと、毎回のリハビリがストレスになってしまい、精神的に苦痛になってしまう事があります。楽しく、安心してリハビリ生活を送るためにも、療法士のサポートと、本人の努力が必要など、相互の協力が必要です。患者さん側は、リハビリが負担になってしまう程、無理をしてはいけません。それを守りながらリハビリ生活を続けていく事が、病気快復や、症状の回復への成功の鍵だと言えるでしょう。